2007年10月03日

キャバクラ心理学

最近、NHK見ていて試してガッテンだったかな。。
あの番組って心理学的なことを言っていて結構勉強になるんです。

そこで気づいた事があります。
キャバクラでなぜキャバ嬢を好きになってしまうのか。

ずばり選ぼうとする心理がキャバ嬢への興味をかきたてているようです。
誰かを選ぼうとするとダメなんですよ。
とたんに全ての女の子に興味が向いて一人を選んでしまう。

つまりどうすればいいかと言うと、選らばない。
この店にいい子がいなければ他の店に行こうぐらいの気持ちで行かないと術中にはまるって事に気づきました。

いまいちピンとこないですよね?

自分的にすごく納得した話なので。。

これをちゃんと説明するのはかなり時間がかかるので、そんなものだと思って頂ければOKです。
試す価値はあると思うんですが、心理学を良くわかってないと理解できないかも。。

今までなんでキャバクラで好きになるのか、疑問だったんですけど解決した気持ちです。
てかこれからキャバクラがホント楽しめなくなりそー


posted by キャバクラ評論家 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

キャバクラ文化

不倫は文化だと言った芸能人がいた。
薄っぺらい言葉だ。
でも私は思う。
キャバクラは文化だ。

他国にはあまり見られない日本のナイトシーン。
風俗もしかり、日本人はスケベなのかもしれない。
女関係に男はなぜか金をよく使う。
キャバクラなんて海外じゃ成立しないだろうな。
一時間お話するだけで高額の請求されたらビビルと思うよ。
アメリカ人には理解出来ないと思う。

この繊細さが日本人の心です。
ワビサビの精神ですよ。
日本人の心を巧みにあやつるキャバクラ嬢。
まさに日本に伝統を引き継ぐ職人さんとでも言うのでしょうか。
キャバクラの接客技術は江戸時代の芸者から脈々と続いているのではないだろうか。
世界に誇る日本の文化キャバクラの発展のため、これからも日本男児としてお金をつぎ込んで行こうと思う。


なんの決意なんでしょ?w

posted by キャバクラ評論家 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

キャバクラ嬢ゲット率

友人にこのブログの話したんですよ。
けっこう反響あるんだ〜なんて話してたの。
そしたら友達がこーゆーわけ、
「キャバクラ詳しいのは認めるけど、キャバ嬢落としたことあるの?」

エッ!

えっとー

いや、ありますよ。

といってもキャバクラ歴14年でゲットしたキャバクラ嬢は二人。。orz
いや、言い訳させて下さいよ。
いちよう、ゲットと書いたのは実際にお付き合いまでいってますよ。
二人とも1年ぐらいつきあったかな。。

こっからホントの言い訳ね。
私の場合は、わざとキャバクラ嬢とエッチとかそっちに持っていかないんですよ。
別にやりたくないって訳じゃないんですよ。
私の場合、仕事がらお付き合いのある店に行く事が多いんで、あっこの子完全に落ちたなと思っても手を出さないといか。。
手を出せないというか。。
まーそーゆーわけ、いやホント。
決してウソじゃない。
言えば言うほどウソっぽいけど。。
でもウソでここまでリアルなキャバクラ嬢の落とし方書けないよ。

普通によくある情報商材で売れると思うもん。
まーそんなので儲けるつもりないんでここで公開してるってわけー
だからみなさん、これからもこれみて勉強してね。
もっとすごいテク公開しちゃうからー
見逃しちゃだめよ。


タグ:キャバクラ
posted by キャバクラ評論家 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

今日入店を狙え

今日入店の素人新人キャバクラ嬢が一番いいです。
なぜなら一番落としやすいからです。

キャバクラ嬢は基本的に百戦錬磨ですが、素人で新人のキャバクラ嬢に比べればこっちのほうが百戦錬磨ですからw
キャバクラの様々な心理効果も全てこっちじゃなくキャバ嬢の方に効きます。
むこうから見てこっちが素敵に見えちゃうってわけです。

こんな最高のシチュエーションをのがしちゃってるお馬鹿さんはいませんか。
まさか、お酒の作り方教えたり店にかわってオバカな指導してませんか。

ダメダメ!

さっさと口説いて水商売から足を洗わせないとダメですよ。
ここはセオリーなんて全て無視してOKです。
何時に終わるの?終わったら飲みに行こう!一気に畳み掛けてけりをつけましょう。
えっそんな強引で大丈夫なの?って思うでしょ。
これで大丈夫です。

もし、あなたが飛び込みで入ったキャバクラでフリーでついたまぁまぁカワイイキャバクラ嬢がいきなり自分に好感もっててアフター誘ってきたら嬉しいですよね。
まさにその逆の状態なんですよ。
素人の子なんてそんなに積極的に口説かれた経験なんてないですから。
一気に攻めます。

変にいい人気取って、また来るよなんて紳士ぶって帰ってるようじゃキャバクラでいい思いなんてできません。
posted by キャバクラ評論家 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

キャバクラで恋愛は成り立つのか?

キャバクラはキャバクラ嬢を口説くところだと言っても過言ではない。
でも、はたしてキャバクラで恋愛なんて成立するのか?
この疑問に答えたいと思う。

結果から言えば、キャバクラで恋愛は成立する。

キャバクラはいろいろな心理効果の罠が仕掛けられてるは以前にも、お話したが実はこれキャバクラ嬢にも心理効果があるのだ。
実際、キャバクラ嬢でお客さんとつき合うなんて、ありえないなんて言っている子もいるが3割ぐらいは客と付き合って結婚まで行く子も少なくはない。
ただ、客とつき合っていても客とつき合うのがカッコワルイ的なイメージがあって、言わない子は意外と多い。

ただ彼女達は毎日のように口説かれ、毎日男達をあしらっている百戦錬磨のつわものだという事を忘れてはいけない。
つまり同じ土俵で戦ってはいけないのである。

まずはキャバクラに仕掛けられている罠を知らなければならない。
女の子が席に着いて15分ぐらいで急速にそのキャバクラ嬢の事が気になりだしたら要注意である。
通常そんな事はありえないからである。
まずは一度落ち着いて考えよう。
間違っても、すぐに場内指名などしてはいけない。
一度、家に帰ってから冷静に考えてから改めて来店し、指名すればいいのだからあせる事はない。

口説く作戦はいろいろあるが、経験上かなり使えるのがコレ。
口説かない。
これは結構時間がかかる事もあるが落ちる可能性は結構高い。
指名はするけど、一切口説かない。
キャバクラ嬢的には、まず口説いて来ない客なんてありえないわけです。
そこで他の客との差別化をはかるわけです。
全然つまんなそーにキャバ嬢がしてたら見切りも大切かもしれないが、これホント結構いけるんです。
だいたい5、6回指名したあたりで勝負が決まるんじゃないでしょうか。
向こうから誘ってきたらこっちのものです。
アフターでバッチリ決まりでしょう。

ここで大事なのは、あくまで自分不器用ですから的な高倉健を演じる事。
だからと言って寡黙なのはダメだよ。
そーゆー恋愛には不器用的なイメージを植えつければ、向こうから誘ってきますから。
誘ってくるのをあしらうのはキャバクラ嬢の得意とするところですが、誘ってこない客には気になってしまいます。
こっちも心理戦で行かないとキャバクラでいい思いは出来ません。

今度、キャバクラで試してみて下さい。


posted by キャバクラ評論家 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

キャバクラの経営

キャバクラの経営ってすごいと思いません?
夜の仕事だからもうかってるんだろーなーなんて思ってる人多いと思いますけど結構大変だと思いますよ。
一番ツライのはキャバクラ嬢の給料だろうね。
あたりまえだけどね。

いくらぐらいもらってると思います?
キャバクラ嬢ってピンキリだけど安い店だと時給1500円ぐらいからかな。。
でも上は結構すごいよ。
時給10,000円超えるこもなかにはいるんじゃないかな?
平均的なのは時給3,000円前後だと思う。
時給3,000円を維持するのも結構大変なレベルですね。

でもよく考えてくださいよ。
時給って事は店が超ヒマでキャバ嬢がボケーってしてたって時給ははらわなきゃいけないんですよ!
絶対オレには無理だね。。
胃が痛くなりそー

でも店も指くわえて見てるわけじゃないんです。
夜中の2時まで営業だとしても、ヒマだなと思ったらキャバ嬢かえしちゃいますからね。
今日はラストまでの予定のキャバクラ嬢でも、はいお疲れさーんみたいな感じで。。
下手したら12時ごろ店しめちゃうからね。
今日はダメだなと判断したらね。
まー忙しい店は絶対そんな事ないけど。

まーそれぐらいキャバクラ嬢の給料って店にとっては重要なんですよ。
なんせ高額ですからね。

これよくある話。

お店が閉店するときってキャバクラ嬢の給料払わないんです。
どうするかって?
まー夜逃げって言うのでしょうか。
店長とかが姿をくらますわけですね。

だからキャバクラ嬢のみなさん気をつけて下さいね。
うちはちゃんと払うよ〜なんて言ってて普通に逃げますからw
危ないなと思ったら、日払いでもらうようにするとか、出勤減らして被害を減らすとかね。
どうせ払う気ないから出勤とかかなり強引だけどね。
そこは頑張ってください。
さっさと辞めちゃうのが一番いいけどね、親が病気で。。とか言ってねw

経験積めば、だんだんわかってきますよ。
潰れる臭いがねw



posted by キャバクラ評論家 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

キャバクラとは?

キャバクラとは何か?
これに明確な答えを出せる人はいないだろう。

一般的な定義で言えば、時間制の料金システムの女性が接客をしてくれる酒を提供する店とでも言えばいいのだろうか。
細かい話をすれば、1対1で接客しないとダメだとか、料金システムが時間制でもうちはクラブだといいはる店もある。
ちなみにキャバクラは1対1で接客するのが基本であるが、書き入れ時になると店が女の子の人数以上に客を入れる事がある。
誤解のないようにいうと、女の子の人数より多くいれる店があると言ったほうがいいだろう。
これをマイナス営業という。
高い店は基本的にはやらない。

そんなキャバクラのシステム的な事はどうでもいいのだが、では一時間数千円〜数万円のお店まで、どんなサービスがあるのか?
女性のかたは誤解しているかたも多いが、性的なサービスは一切ない。
男は何を求めているのか?
いや求めてなどいないのだ。
ではなぜ行くのか?

キャバクラ店内は、心理学的な罠なしかけてあります。
照明、テーブルの高さ、話し方、接客の仕方とキャバクラ嬢を最高の女と思わせる罠が沢山仕掛けてあるのです。
これウソじゃないですよ。
この罠にかかったら最後、せっせと通いはじめるのです。
人間とは、なんとも単純な動物なのだろうかと思います。
当の本人は何も気づかずに目当てのキャバクラ嬢のもとに通うのですから。
そこに意思などというものは存在していません。

店側からみないとわからないんだな、これが。



posted by キャバクラ評論家 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。