2007年07月11日

キャバクラで恋愛は成り立つのか?

キャバクラはキャバクラ嬢を口説くところだと言っても過言ではない。
でも、はたしてキャバクラで恋愛なんて成立するのか?
この疑問に答えたいと思う。

結果から言えば、キャバクラで恋愛は成立する。

キャバクラはいろいろな心理効果の罠が仕掛けられてるは以前にも、お話したが実はこれキャバクラ嬢にも心理効果があるのだ。
実際、キャバクラ嬢でお客さんとつき合うなんて、ありえないなんて言っている子もいるが3割ぐらいは客と付き合って結婚まで行く子も少なくはない。
ただ、客とつき合っていても客とつき合うのがカッコワルイ的なイメージがあって、言わない子は意外と多い。

ただ彼女達は毎日のように口説かれ、毎日男達をあしらっている百戦錬磨のつわものだという事を忘れてはいけない。
つまり同じ土俵で戦ってはいけないのである。

まずはキャバクラに仕掛けられている罠を知らなければならない。
女の子が席に着いて15分ぐらいで急速にそのキャバクラ嬢の事が気になりだしたら要注意である。
通常そんな事はありえないからである。
まずは一度落ち着いて考えよう。
間違っても、すぐに場内指名などしてはいけない。
一度、家に帰ってから冷静に考えてから改めて来店し、指名すればいいのだからあせる事はない。

口説く作戦はいろいろあるが、経験上かなり使えるのがコレ。
口説かない。
これは結構時間がかかる事もあるが落ちる可能性は結構高い。
指名はするけど、一切口説かない。
キャバクラ嬢的には、まず口説いて来ない客なんてありえないわけです。
そこで他の客との差別化をはかるわけです。
全然つまんなそーにキャバ嬢がしてたら見切りも大切かもしれないが、これホント結構いけるんです。
だいたい5、6回指名したあたりで勝負が決まるんじゃないでしょうか。
向こうから誘ってきたらこっちのものです。
アフターでバッチリ決まりでしょう。

ここで大事なのは、あくまで自分不器用ですから的な高倉健を演じる事。
だからと言って寡黙なのはダメだよ。
そーゆー恋愛には不器用的なイメージを植えつければ、向こうから誘ってきますから。
誘ってくるのをあしらうのはキャバクラ嬢の得意とするところですが、誘ってこない客には気になってしまいます。
こっちも心理戦で行かないとキャバクラでいい思いは出来ません。

今度、キャバクラで試してみて下さい。


posted by キャバクラ評論家 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47528401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。